新社会システム総合研究所 セミナー情報

No.S16157 デジタル&ブロードキャスティング戦略特別セミナー
4K・8K/UHD、OTTの先は?
NAB Show2016
〜見えてきたHDR、IP制作、次世代地上放送〜

セミナー要項
開催日時 2016年5月19日(木)午後2時30分〜午後5時
会場 アーバンネット神田カンファレンス
東京都千代田区内神田3−6−2 アーバンネット神田ビル
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,400円(税込)
備考:
 
重点講義内容
<1>【NAB Show2016報告】4K/UHD、OTTの先は?
株式会社フジテレビジョン 電波企画室 主席渉外役
塚本 幹夫 (つかもと みきお)氏
【14:30〜15:30】

昨年ポスプロの主要プレイヤーは、UHD制作のターゲットをスポーツをはじめとするライブにフォーカスしました。それに伴い、制作フローのIP化による伝送能力の向上が焦点になっています。一方、映像配信ソリューションもAWSやAdobeなどの動向に注目が集まっています。放送、配信それぞれの高度化がこの一年でどう進化を遂げたか、制作者の視点で変化を追います。また、すでに幕が切って落とされた周波数オークションについて、NABとFCC首脳がどのような発言をするか。アメリカの電波政策の状況を探ります。

1.4K/UHD制作のトレンド
2.OTT Videoソリューションの動向
3.ドローンなど制作ツールの進化
4.VRは次の映像産業に発展するか
5.インセンティブオークションの最新状況
<2>【NHK】4K・8Kが切り開く2020
日本放送協会 技術局 計画部 副部長 工学博士 MOT
浜口 斉周 (はまぐち なりちか)氏
【15:40〜16:40】

NHKは今年の8月1日から、4K・8Kの衛星試験放送を開始し、リオ五輪などを制作・放送する予定です。ここ数年、NAB Showでは4Kだけでなく、8Kも冠した製品の出展が加速度的に増えてきています。本講演では4K・8Kを中心としたNHKの取組みと、NAB Showで見えてきたHDR、IP制作、次世代地上放送など4K・8Kを取巻く最新動向を軸に議論していきます。

1.4K・8K衛星試験放送
2.NAB Showでの4K・8K技術動向
3.HDR(High Dynamic Range)
4.IP vs.SDI
5.次世代地上、ケーブル、IPTV、5G
<3>対談及び質疑応答/名刺交換
株式会社フジテレビジョン 電波企画室 主席渉外役
塚本 幹夫 (つかもと みきお)氏
日本放送協会 技術局 計画部 副部長 工学博士 MOT
浜口 斉周 (はまぐち なりちか)氏
【16:45〜17:00】

講師プロフィール
塚本 幹夫(つかもと みきお)氏
1981年 筑波大学第一学群社会学類卒 株式会社フジテレビジョン入社。バラエティ部門配属。伝説のお笑い番組「おれ達ひょうきん族」ADに。
1983年 報道局に異動 伝説のニュース番組「FNNスーパータイム」スタートメンバー。
社会部、経済部記者。ニュース番組ディレクター、プロデューサーなどを経て、2004年 報道局デジタルニュース編集長
2007年 デジタルコンテンツ局デジタル事業センターデジタルビジネス推進部長
2008年 同デジタル事業センター長
2010年 クリエイティブ事業局IT戦略担当局長
2015年 現職
2009年 在京キー局で初めてプライムタイムのドラマ・バラエティの配信を開始
2009年〜14年 アドテック東京アドバイザリーボード/筑波大学非常勤講師(メディア論)、情報通信学会会員
浜口 斉周(はまぐち なりちか)氏
2000年 横浜国大工学研究科修士課程修了。同年 NHKに入局、放送技術研究所に勤務。
2007年〜2008年 米国Viewpoints Research Institute客員研究員。
2010年 東京工業大学イノベーションマネジメント研究科専門職修士課程修了。
2011年 同大学総合理工研究科博士課程修了。CGを用いたコンテンツ制作・記述・配信の研究、ソーシャルTVの研究、8Kの国際展開などを経て、現在はNHK技術局計画部にてネット展開、8K推進などを担当。