新社会システム総合研究所 セミナー情報

No.S16137 シルバー&ヘルスケアビジネス戦略特別セミナー
ビッグデータとIoT時代のデジタルヘルスケア:生体情報センシングの未来予想図
 

セミナー要項
開催日時 2016年5月19日(木)午後2時〜午後4時30分
会場 SSK セミナールーム
東京都港区西新橋2−6−2 友泉西新橋ビル4F
(03)5532-8850
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームより申込の場合、2人目以降 27,400円(税込)
備考:
 
重点講義内容
アスタミューゼ株式会社 テクノロジーインテリジェンス部長 薬学博士
川口 伸明 (かわぐち のぶあき)氏
今、時代はIoT(Internet of Thing)、ビッグデータ、人工知能という大きな技術潮流を目の当たりにしている。「デジタルヘルスケア」の未来を考えると、国家が推進するデータヘルス計画と、主に民間で進められている生体情報センサのデータの相補的活用は必然的と思われる。前者は特に、新しい医薬品や医療機器のターゲットの統計的絞り込みに威力を発揮し、後者は、具体的な症例や事象に応じたオーダーメイド型医療の研究開発に必須となるだろう。2030年の医療は、センシングデバイスのクラウド&ユビキタス化、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)・テレイグジスタンス(遠隔臨場)などの知覚制御技術との融合、知的エージェントの活躍、さらには、分子ロボティクスなどのナノバイオテクノロジーが躍進するだろう。

1.診断データを活用するデータヘルス計画の概要と活用法
2.医療ビッグデータとしてのナショナルデータベース(NDB)
3.改正薬事法のポイント
4.未病段階のライフログ(生体情報記録)が健康管理に重要
5.生体情報センシングの実際
6.様々な生体情報センサ、バイオセンサの例
7.スポーツ、個人認証、フィンテック(Financial Technology)への応用
8.デジタルヘルスケアの知財情報解析
9.質疑応答
講師プロフィール
川口 伸明(かわぐち のぶあき)氏
東京大学大学院薬学系研究科修了、薬学博士(分子生物学・発生細胞化学)
元国連グローバルフォーラム日本事務所長代行として、地球環境問題を文明的視座で追究、科学技術の社会的意義に関心を持つ。その後、株式会社アイ・ピー・ビー(Intellectual Property Bank)取締役技術情報本部長、Chief Science Officerなどを歴任、優れた技術シーズを発掘するため、世界初の知財の多変量解析システム構築や知財ファンド設立、ベンチャー投資育成などに関わる。
現在、アスタミューゼ株式会社において、技術情報・市場情報・ソーシャル情報を統合した事業戦略策定、広範な分野における技術・知財戦略コンサルティング、オープンイノベーション・事業プロデュースの支援、科学技術系コラムの執筆などに注力。
また、本来の専門領域である発生細胞化学の知見に基づき、ハーバード大学准教授らの再生医学研究チームのアドバイザを務める。