新社会システム総合研究所 セミナー情報

No.S16113 デジタル&ブロードキャスティング戦略特別セミナー
【2020東京五輪・本格配信に向けて】
NHKのネット配信戦略
〜同時配信実験の現状と課題、今後の展望〜

セミナー要項
開催日時 2016年4月27日(水)午後2時〜午後4時
会場 紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4−1 ニューオータニガーデンコート1F
(03)5213-6886
受講料 1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームより申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
備考:
 
重点講義内容
日本放送協会 メディア企画室 室長
近藤 宏 (こんどう ひろし)氏
放送と通信の融合時代と言われる中、国内外の事業者の間では、本格的な事業化を目指した動きが一段と活発になっている。NHKでも公共放送としてどのようなサービスを提供していくかは大きな検討課題となっており、今後に向けて平成27年度から放送と同時のネット配信実験に着手した。さらに、4年後に迫った東京オリンピックに向け、放送だけでは伝えきれない競技の魅力をネットで伝える取り組みにも力を入れている。その制度的な枠組み、経営的な位置付け、27年度の取り組みの結果と今後の展望について、担当者が解説する。
本講演は、デジタル系が専門ではない方にもご理解いただけるよう、できる限り平易でポイントを押さえた内容としたい。

1.NHKのネット業務の変遷
2.新たな制度改正の概要
3.配信実験の枠組み
4.配信実験の結果 その1
5.配信実験の結果 その2
6.今後の配信実験予定
7.ネット本格配信に向けた課題
 −配信システムの負荷について
 −権利処理について
8.今後の展望
9.質疑応答/名刺交換
講師プロフィール
近藤 宏(こんどう ひろし)氏
1982年 NHK入局。長崎放送局、報道局経済部、香港支局、報道局国際部と経済部のニュースデスクなど記者として23年。国際放送局国際企画部長などを経て、放送総局デジタルコンテンツセンター長としてネットコンテンツの開発・運用を統括。2015年6月より現職。