新社会システム総合研究所 セミナー情報

No.C16026 シルバー&ヘルスケアビジネス戦略特別セミナー
【未来予測、貴社のビジネスモデルは通用するのか?】
医療介護ヘルスケアビジネス戦略 2025
〜顧客(患者)情報の争奪戦が始まる〜

要項
収録日 2016年2月16日(火)
代金 32,400円(税・送料込)
ページ数  
備考:
 

商品に不具合があった場合を除き、返品はお受け致しかねますのでご了承ください。
収録内容
【内容】
収録時間 約2時間53分
テキストデータ(PDF形式)のCD-ROMつき
【動作環境】
DVD‐VIDEOは、映像と音声を高密度に記録したメディアです。DVD‐VIDEO対応プレーヤーで再生してください。パソコン等に搭載のDVD−ROMプレーヤーでの動作は保証しておりません。このDVD‐VIDEOを権利者に無断で、複製・放送・有線放送・上映・レンタル(有償・無償問わず)することは法律で一切禁止されていますのでご注意下さい。
重点講義内容
(株)ICT ソリューション・コンサルティング 代表取締役社長
(株)デジタルイノベーション研究所 代表/クリエーター
冨永 孝 (とみなが たかし)氏
 国による各種の規制緩和、制度改革。医療技術の進歩。さらには、Apppleをはじめとするグローバルイノベーターの参入、国内においても異業種からの参入が相次いでいる医療、介護、ヘルスケア業界。果たして、皆さんが考えているような黄金郷(エルドラド)でしょうか?私は、条件付きでNoです。
 21世紀の医療ビジネスの本質は、顧客(患者)情報の争奪戦です。顧客情報の争奪戦に負ければ、如何にすばらしい技術や人材があろうとも、高利益を手に入れることは難しいと思われます。少子高齢化によるニーズの拡大だけ観ていては、本質は見えてきません。この領域の勝者はごく限られたものになると予測できます。
 今回のセミナーでは

●医療改革の本質とは
●仁術から、算術、さらには情報ビジネスへ   
●ビジネス勝者は誰か?その条件は?

について解説をしていきます。

1.今、世の中でおこっていること
 −既存の業種が解体し、新たなバリューチェーンが出現する
 −もの、サービスから、情報で儲ける時代へ
 −国に頼る時代の終焉へ
2.医療、介護、ヘルスケア業界でおこっていること
 −制度改革、規制緩和の本質
 −異業種連携による医療健康バリューチェーンへ(既存業界の解体)
 −イノベーター企業の戦略は
 −本当に、医療介護ヘルスケア業界は儲かるのか?
3.2025年、医療、介護、ヘルスケア業界はどうなるのか?
 −医療健康バリューチェーンを構成するプレーヤー
 −情報ビジネスとしての医療健康バリューチェーン
 −ビジネスの勝者の条件
4.医療健康ビジネス参入の考え方
 −新バリューチェーンにおける立ち位置(新住所)を決める
 −勝ち馬にどう乗るのか?
 −誰と組むのか?
講師プロフィール
冨永 孝(とみなが たかし)氏
社会変革アーキテクト ビジネスクリエーター 経営コンサルタント/〜2008年 アクセンチュア(株) 統括エグゼクティブパートナー(通信)/2009年〜(株)ICTソリューション・コンサルティング 代表取締役社長(現職)/2014年〜(株)三菱総合研究所 アドバイザー(クロスインダストリ/ICT担当)(兼務)/(株)デジタルイノベーション研究所 代表
2002年 アクセンチュアグローバルよりQVS大賞受賞(グローバルベストコンサルタント)。長年に渡り、ICT業界(通信/IT/メディア)における各リーディングカンパニーの事業転換戦略、サービス開発、BPR戦略、及び 事業構造転換(チェンジマネジメント)を支援。ICT戦略を通じて、各インダストリ(製造/流通/公共等)のイノベーションを支援。従来の業種別事業戦略から、業種横断的バリューチェーン戦略への転換を提言。伝統的なコンサルティングサービスに飽き足らず、イノベーティブなコンサルティングサービス(クロスインダストリ/ICT活用/仮説検証/対話型)の実績と更なるチャレンジ。近年は、総務省/文科省/経産省等への政策提言、及び、経営コンサルティング会社(国内外)/シンクタンクへのコンサルティングを実施。
【主なクライアント】大手通信会社大手IT会社へのコンサルティング、大手コンサルティングファーム、大手シンクタンクへの幹部教育、コンサルティング、政府への政策提言他多数