新社会システム総合研究所 セミナー情報

No.C15245 マネジメント&マーケティング戦略特別セミナー
リーダーシップで決める会議ファシリテーション術
元医療コンサルタントが明かす超速会議の意識、段取り、問いかけのポイント

要項
収録日 2015年9月16日(水)
代金 32,400円(税・送料込)
ページ数  
備考:
 

商品に不具合があった場合を除き、返品はお受け致しかねますのでご了承ください。
収録内容
【内容】
収録時間 約2時間16分
テキストデータ(PDF形式)のCD-ROMつき
【動作環境】
DVD‐VIDEOは、映像と音声を高密度に記録したメディアです。DVD‐VIDEO対応プレーヤーで再生してください。パソコン等に搭載のDVD−ROMプレーヤーでの動作は保証しておりません。このDVD‐VIDEOを権利者に無断で、複製・放送・有線放送・上映・レンタル(有償・無償問わず)することは法律で一切禁止されていますのでご注意下さい。
重点講義内容
株式会社ナレッジステーション 代表取締役
伊藤 誠一郎 (いとう せいいちろう)氏
●日常的な社内会議がとにかく長くて困っている
●社外での顧客、取引先との打ち合わせを円滑に進めたい
●会議の作り方と進め方についての基本を学んだことがない

 多くのビジネス現場において、会議、打合せは日常的に行われていることと思います。社内や社外、わずか数人から数十人規模、進捗確認や課題検討等、そのスタイルや内容も様々です。ところが、昨今のITツールの進化と活用によって業務には既にスピード化という意識が定着しているにもかかわらず、会議、打合せとなると目的意識や結論があいまいであり、ダラダラと長い時間を費やしてしまうといった慢性的な課題が多くあるようです。そこでこのセミナーでは、会議、打合せを円滑に進め、効果を最大限にする基本スキルを具体的に解説していきます。

【セミナーのねらい】
●長くて退屈なものだという会議への意識、捉え方を考え直す
●効率的な会議運営に必要な事前準備の方法を取得する
●活発な意見を導き出す方法と議論の交通整理術を習得する

1.会議を円滑に行うための基本姿勢と心構え
 −会議の活発化と効率化のために進行役に必要なポイント

2.効率的な会議を設計するために必要な事前準備
 −議論の道筋と目的を明確にするアジェンダの作り方

3.出席者の士気と集中力を高めるオープニング術
 −出席する意義と責任感を最大限にする開会宣言の中身

4.議論の流れを明確する切り分け思考の原則
 −ダラダラと会議を長引かせないための具体的な取組み

5.異論、対立が発生した場合の上手な対処方法
 −押してダメなら引いてみる的発想と柔軟な対話方法

6.出席者全員への周知徹底を図るクロージング術
 −なんとなく終わらせない締めと議事録の工夫点
講師プロフィール
伊藤 誠一郎(いとう せいいちろう)氏
1971年生まれ。学習院大学法学部法学科卒業
大学卒業後、15年以上にわたり医療情報システム、コンサルティングの仕事において病院向けに競争入札や新規開拓営業、プロジェクト会議等で年間100回以上のプレゼンテーションを行う。ベンチャー企業での経験が多く、実績、総合力で圧倒的優位に立つ競合大手を押しのけ、提案コンペでの勝率は業界平均5割を大きく上回る8割を誇る。2009年にプレゼンテーション講師として独立起業し、セミナーや企業研修、競争入札や展示会参加に向けたプレゼンテーションサポートなどを行っている。また、マンツーマンによる個別指導にも力を入れており、重要な営業案件や報告会議、昇進試験を控えた会社員をはじめ、自己発信力を高めたい経営者、就職試験やAO入試に臨む学生などが全国から多数参加している。2013年6月著書『バスガイド流プレゼン術』(CCCメディアハウス)刊行。その他、フジテレビ「さんまのホンマでっかTV」、チバテレビ「松木安太郎のビジネスフラッシュ」、FM J−WAVE 別所哲也の「Tokyo Morning Radio」をはじめ、日経MJ、日経産業新聞、宣伝会議、TKC戦略経営者などメディア出演、掲載実績多数。