新社会システム総合研究所 セミナー情報

No.C15192 シルバー&ヘルスケアビジネス戦略特別セミナー
院長のクオリティタイム極大化が経営改善の鍵
病院経営人材育成により「データ活用術」と「伝える力」で組織を巻き込むムーブメントを起こせ!!
−集団の質を高め、行動の圧を上げるノウハウ大公開−

要項
収録日 2015年6月27日(土)
代金 32,400円(税・送料込)
ページ数  
備考:
 

商品に不具合があった場合を除き、返品はお受け致しかねますのでご了承ください。
収録内容

【内容】
収録時間 約3時間25分
テキストデータ(PDF形式)のCD-ROMつき
【動作環境】
DVD‐VIDEOは、映像と音声を高密度に記録したメディアです。DVD‐VIDEO対応プレーヤーで再生してください。パソコン等に搭載のDVD−ROMプレーヤーでの動作は保証しておりません。このDVD‐VIDEOを権利者に無断で、複製・放送・有線放送・上映・レンタル(有償・無償問わず)することは法律で一切禁止されていますのでご注意下さい。
重点講義内容
<1>医師、コ・メディカルの行動を喚起するデータ活用と、行動を喚起する伝え方
医療専門職コンサルタントの「聞く力」と「伝える力」をマスターしよう!
セコム医療システム株式会社 マネジメント・ソリューション本部 部長
杉浦 鉄平 (すぎうら てっぺい)氏
今、病院経営の今後が見えない。このままではマズイことはわかっているが、具体的に何が問題なのかわからない。成果を上げている病院と、赤字に喘ぐ病院、その差は何か?その答えはデータをうまく活用しているかどうか。これからは客観的なデータによる定義づけが行われる時代で、多くの病院がデータを何らかの形で活用しているはず。しかし、実際に病院運営や経営改善に役立てられている事例は少ない。その理由は着眼点に加え、関係性構築と伝え方に問題がある。
これからの経営人材(特に事務系)は院内通訳家となり、組織を横断し専門職の心に響くアプローチで行動を喚起しなければならない。病院経営実務者に向けて、病院経営改善実績のある医療専門職コンサルタントが、受講者と双方向型セミナー形式でそのノウハウをお伝えします。

1.データ活用の着眼点
2.ニーズを顕在化させ行動を促すための「関係性」と「伝える力」
3.コンサルタントの気づきを与え成果を引き出す「聞く力」
4.病院経営の価値と戦略、ビジョナリープランの策定
<2>相手の自主性を引き出すコミュニケーションで、『居心地よく、生産性も高い組織』を創ろう!
プロコーチ
川野 操作 (かわの あやなり)氏
大図 美由紀 (おおず みゆき)氏
同じ職場、同じ仕事でも、コミュニケーション、人間関係が変わっただけで、やる気が変わるばかりか、パフォーマンスや結果まで変わります。例えば、スタッフ同士で批判やかげ口を言うような関係性のある職場では、誰もが不安や不信感を持ち、行動が消極的で指示待ちになります。また、反対に、スタッフ同士が想いを共有し、人の長所を認める関係性のある職場では、誰もが信頼感を持ち良い未来を期待し、行動が積極的で成長を求めるようになります。
安心・安全・ポジティブな場づくりのプロフェッショナルであるメンタルコーチ2人が、もっと「自分のことが好き」に、オープンマインドで、信頼関係を築くのが楽になり、相互に協力しあえる組織を創るコミュニケーションのポイントをお伝えします。

1.「居心地よく、生産性も高い組織」で行われるコミュニケーションの大前提
2.困難を克服する力を育てる承認とは?
3.信頼関係・協働関係を増やす「聞き方」
4.上からの指示や命令、下からのお願いでもない、「ヨコの関係で伝える力」
講師プロフィール
杉浦 鉄平(すぎうら てっぺい)氏
看護師として都内医療機関で勤務したのち、2000年に府中恵仁会病院看護部長に就任、その後副院長を兼任し専門職マネージャーとして病院経営に携わった。看護部長を退き、法人経営に専念し、本部事務局長、事業企画室長を歴任した。2012年よりセコム医療システム株式会社に移籍し、医療機関での経営管理の経験を生かし、新事業の企画、病院経営支援、2013年からマネジメント・ソリューション本部担当部長として主にコンサルティングサービス、自治体向け地域医療ビジョン策定支援などに携わる。
川野 操作(かわの あやなり)氏
2010年以来、メンタルコーチとして、「社員が笑顔で協力し合いながら、顧客の期待以上のものを提供する」組織作りに取り組む。ある病院長との出会いにより、このような組織を病院において実現するというミッションを持つに至る。
これが実現すれば、顧客満足度が高く、離職率の低い病院ができ、その地域にとって不可欠の存在になれるとの確信を持つ。これまでの病院での取り組みは、・経営層、医師へのリーダシップトレーニング、・看護師、理学療法士、医療事務者などへの個別カウンセリング、・職種間コミュニケーションの活性化や接遇の改善、・病院の理念、ビション、行動指針策定とその普及、・社員がもっと居たくなる病院への風土改革など。元行政書士、早大卒。
大図 美由紀(おおず みゆき)氏
山一証券で、毎月連続、営業上位メダルを獲得。「顧客と一緒に喜ぶ」嬉しさを経験。外資系損害保険会社にて、新規事業立ち上げに参画。その後、証券システム系ベンチャー企業で、社長の右腕として、管理部門全般(人事・総務・経理・財務・法務)に携わる。2008年コーチングに出会い、現在は、プロコーチとして、経営者・ビジネスパーソンに対し、コーチング支援を行う。「仕事を通じて、幸せな人生を送る」をテーマに、活動中。