新社会システム総合研究所 セミナー情報

No.C15148 シルバー&ヘルスケアビジネス戦略特別セミナー
薬剤師の訪問業務
−2025年までに薬剤師ができること−

要項
収録日 2015年5月31日(日)
代金 19,800円(税・送料・テキスト代込)
備考:
 

商品に不具合があった場合を除き、返品はお受け致しかねますのでご了承ください。
収録内容
【内容】
収録時間 約4時間30分
セミナーにて使用したテキスト(冊子)及び、講師陣著「2014-2015年版 薬剤師の訪問業務(薬ゼミ情報教育センター刊)」付き
【動作環境】
DVD‐VIDEOは、映像と音声を高密度に記録したメディアです。DVD‐VIDEO対応プレーヤーで再生してください。パソコン等に搭載のDVD-ROMプレーヤーでの動作は保証しておりません。このDVD‐VIDEOを権利者に無断で、複製・放送・有線放送・上映・レンタル(有償・無償問わず)することは法律で一切禁止されていますのでご注意下さい。
重点講義内容
<1>イントロダクション
カネマタ薬局 代表取締役
高橋 眞生 (たかはし まなぶ)氏
<2>これからの薬局、薬剤師の在宅訪問は医療の中でどう変わるのか
株式会社田無薬品 執行役員・薬局事業部長
三浦 輝久 (みうら てるひさ)氏
1.薬剤師在宅訪問の位置づけとこれからのありかた
2.介護からみた薬剤師、その評価と期待
3.医療から見た薬剤師 その評価と期待
4.地域ケアの中での薬剤師のあり方
<3>薬局から在宅へ、どうしたら在宅訪問ができるのか
vita 代表
タケダリールエステート株式会社 取締役
奥田 徳子 (おくだ とくこ)氏
1.始める前にしなければならないこと
2.薬剤師療養規則と医師法
3.在宅に関わる行政への対応
4.これから在宅医療に参画する薬剤師の裾野を広げる
<4>薬剤師の在宅訪問での問題点と課題
うえまつ調剤薬局
轡 基治 (くつわ もとはる)氏
1.バイタルチェックはどこまで取り組むべきか
2.輸液・注射の取り扱い、薬剤師ができること
3.特定保険医療材料の供給と取り扱いについて
4.他職種ができること、していること
<5>薬剤師が知っておくことが必要な他のスキル
どこまでできるのか薬局薬剤師の業務・2025年にはここまでできる在宅訪問薬剤師
有限会社メディフェニックスコーポレーション
薬局つばめファーマシー 代表取締役
萩田 均司 (はぎた ひとし)氏
1.2025年在宅訪問で薬剤師ができること
2.連携における薬剤師の役割
3.未来の薬剤師象
講師プロフィール
高橋 眞生(たかはし まなぶ)氏
1973年 東邦大学薬学部卒
1978年 有限会社カネマタ 入社
2003年 介護支援専門員合格
2008年 株式会社カネマタ カネマタ薬局 代表取締役
同年 社団法人千葉県薬剤師会 理事・薬学生対策委員会委員長
2011年 同会 理事・在宅医療委員会委員長
2012年 千葉大学薬学部臨床教授
【所属学会等】
日本緩和医療薬学会評議員/HIP研究会理事/全国薬剤師・在宅療養支援連絡会(J−HOP)理事
【著書】
2011年度 在宅医療Q&A(じほう)/2013年 調剤と情報「目からウロコの調剤技術」/2014年 在宅薬剤管理入門(編集:南山堂)/2015年 薬剤師の訪問業務(編著:薬ゼミファーマ)他多数
三浦 輝久(みうら てるひさ)氏
1990年 北里大学薬学部卒
1992年 北里大学大学院薬学研究科卒
1992年 日研化学株式会社大宮研究所入社。新薬研究に従事
1996年 株式会社秋本薬局入社 保険薬局業務に従事
2001年 株式会社田無薬品入社。在宅医療業務に従事。
現在、執行役員薬局事業部長として勤務
HIP研究会理事、一般社団法人 全国薬剤師・在宅療養支援連絡会研修委員会委員
奥田 徳子(おくだ とくこ)氏
1999年 宝塚市社会福祉協議会ケアマネージャー 人員育成
2008年 大阪市薬剤師会理事・大阪府薬剤師会理事・大阪府薬剤師連盟総務・全国政令指定都市薬剤師会連絡協議会協議員
2009年 大阪市すこやか大阪推進協議会委員
2010年 日本薬剤師会予備代議員
2012年 日本薬剤師会正代議員
2010年〜現在 薬学生実務実習指導薬剤師(京都薬科大・大阪薬科大・武庫川女子大 他、多くの学生を指導)
2011年〜現在 東日本被災地復興支援薬剤師。
大阪市立大学大学院生。
「薬剤師心得帳」共著(日経DI出版)/「2014版 薬剤師の訪問業務 基礎・実践・応用」共著(医学アカデミー出版)/「やさしい在宅」単独著 2015年春発刊予定(アドバンス出版)二万部超予約/「大阪府薬百二十周年記念誌」編集人/雑誌「調剤と情報」医療安全に向けたお薬手帳の充実特集号 寄稿/大阪府薬剤師会雑誌 多数寄稿/地域機関誌「コミュニティすえなり」年間連載中
轡 基治(くつわ もとはる)氏
2000年 東北薬科大学薬学研究科 修士課程修了
同年 うえまつ調剤薬局(宮城県名取市)に入職
以後在宅患者の療養支援に従事、現在に至る。
【役職】
宮城県薬剤師会 理事/日本薬剤師会 医療保険委員会 副委員長/日本緩和医療薬学会 理事/全国薬剤師・在宅療養支援連絡会 理事/Home Infusion Pharmacy研究会 理事
【著書】
在宅薬剤管理入門(南山堂・2014年)/ここが知りたかった 在宅ケアのお薬事情(南江堂・2013年)/緩和医療薬学(南江堂・2013年)/平成25年版 在宅医療Q&A(じほう・2013年)、他多数。
萩田 均司(はぎた ひとし)氏
1985年 東京薬科大学薬学部卒
病院・薬局・薬剤師会勤務を経て、2003年 有限会社メディフェニックスコーポレーション 薬局つばめファーマシー開設
2009年 株式会社ケアフェニックス 高齢者向け住宅ナチュらいふ恒久開設
2012年 ナチュらいふ田野開設
【資格】
薬剤師/介護支援専門員/日本禁煙科学会認定禁煙士
【役職】
日本薬剤師会地域医療・保健委員会委員/全国薬剤師・在宅療養支援連絡会(J−HOP)副会長/HIP研究会理事/日本緩和医療薬学会評議員、他多数の役職を歴任
【著書】
「薬剤師のための認知症ケアガイドブック」(じほう・共著)/「在宅医療バイブル」(日本医事新報社・共著)/「在宅医療辞典」(中央法規・共著)等