新社会システム総合研究所 セミナー情報

No.C15106 ブロードバンド&グローバル戦略特別セミナー
【2020から2025年を見据えた成長投資】
IoT×成長産業・新ビジネスで勝ち抜く 情報収集・利活用ノウハウ
 

要項
収録日 2015年5月14日(木)
代金 32,400円(税・送料込)
ページ数  
備考:
IoT急拡大期における新規事業探索に役立つ必須情報源リスト
(調査文献・Web・単行本・海外情報等)」を進呈

商品に不具合があった場合を除き、返品はお受け致しかねますのでご了承ください。
収録内容
【内容】
収録時間 約3時間28分
テキストデータ(PDF形式)のCD-ROMつき
【動作環境】
DVD‐VIDEOは、映像と音声を高密度に記録したメディアです。DVD‐VIDEO対応プレーヤーで再生してください。パソコン等に搭載のDVD−ROMプレーヤーでの動作は保証しておりません。このDVD‐VIDEOを権利者に無断で、複製・放送・有線放送・上映・レンタル(有償・無償問わず)することは法律で一切禁止されていますのでご注意下さい。
重点講義内容
・IoT(Internet of Things=モノのインターネット)がまた一段と注目を集めています。
・モノづくりの革新(インダストリー4.0)とICTビジネスの関わり合いは大きな化学反応を起こし、ビジネススキーム全般を変えていく可能性を秘めています。
・本セミナーでは、IoT急拡大の時代をどう捉えておくべきかを解説しながら、新規事業に結び付けるための情報収集活動の進め方について詳しく解説いたします。
・世の中がどう変化していくのか、を常に見据えておくことが重要です。同じ先を見据えるにしても、2020年と2025年では視点の置き方が異なります。そのポイントとは何か、についても明らかにしていきます。
・もちろん、新規事業・新サービスの観点から見た情報収集手法についても、これまで同様、最新情報満載でお届けいたします。
・間違いなく、皆様のビジネス展開に活かしていただける即効性のある内容です。今回お話しする内容は市販のビジネス書等では殆ど公開されていません。
・IoT×成長産業・新ビジネス(ヘルスケア・エネルギー・環境・次世代自動車・次世代住宅・電子商取引・農業・シニア・地方創生等)を情報収集事例として取り上げ、解説いたします。
(株)日本能率協会総合研究所 MDB事業部 第1情報サービス部 部長
菊池 健司 (きくち けんじ)氏
 2014年に注目されたICT関連キーワードのなかでも、今後特に注目しておきたいのがIoT(Internet of Things=モノのインターネット)です。2015年に入ってからも、引き続き日本企業における新規事業・新サービスへの取り組みは非常に熱心な状況が続いていますが、IoTが一つのキーワードとなっていることはどうやら間違いなさそうです。IoTをいかに新たなビジネスにつなげていくのかについては、業界により考え方がやや分かれるところですが、ビッグデータ同様、いかに活用していくかを考えていく必要があります。
 事実、新規事業や新サービス展開において高い成果を挙げている多くの企業は、業種業界問わず、一様にIoTに対し、熱い視線を送っています。ドイツのインダストリー4.0をはじめ、海外の先進事例はもとより、日本企業の様々なチャレンジにも注目が集まります。IoTに限った話ではないですが、様々な業界で何が起こっているのかをヒントにしながら、新たな事業を考えていくことは大切であり、そうした意識を持ちながらの情報収集活動が極めて重要なことに異を唱える方は殆どいないでしょう。
 新規事業・新サービス開発において、成功確率の高い企業は、一様に確固たる情報収集活動のセオリーを有しています。これは意外に知られていない事実です。間違いなく「情報収集の質の高さ」と「見ている情報の違い」があるのです。長年、情報収集手法に長けている企業を見てきましたが、特に新たな打ち手という意味では企業間格差が一段と鮮明になってきています。不確実なトレンド変化に対応しスピード感を持って対応するには、研ぎ澄まされた情報収集の感覚が必ず必要となります。これが意外と簡単ではないのです。世界を見据え、新興国の動向や成長企業も含めてチェックすることももはや必須です。
 本セミナーでは、長年に渡り、多くの企業や大学、官公庁におけるビジネス情報収集活動をサポートしている講師が、最新の傾向を加味しながら、IoT急拡大の時代感をどう捉えて、新ビジネスにつなげていくかについて、「情報収集活動」というフィルターを通じて、皆様にお伝えしていきます。意外に知られていない情報収集の基本からケーススタディはもちろんのこと、Webサイトだけでは明らかに手薄な国内・海外情報の貴重な情報源の数々をご紹介いたします。ICT関連のお客様はもちろんですが、他業界においても新事業や新製品・新サービス開発に携わっている方におかれましては、必ずやお役に立つ内容となっています。

1.意外に知られていない情報収集のセオリーとは
 ・収集しなくてはならない情報と視点の持ち方
 ・情報収集にはセオリーがある(意外に知られていない基本)
 ・情報収集で使える情報源の特徴解説 (文献・Web・データベースetc)
 ・新規事業・新サービス開発において注目しておきたい情報とは
 ・競合情報、クライアント情報の収集手法
 ・BtoB、BtoCそれぞれの視点

2.IoT関連情報の注目ポイント
 ・国の政策とIoT
 ・IoTが注目されている理由について考える
 ・IoTをいかにビジネスに活かしていくか
 ・第4次産業革命(インダストリー4.0)
 ・注目分野紹介
 ・注目事例紹介

3.情報収集ケーススタディ
【ICT関連】
 ・M2M
 ・ロボット
 ・ウェアラブル
 ・ビッグデータ
 ・スマートフォン、タブレット端末
 ・クラウド
 ・ICT融合による新産業事例
 ・電子商取引   
【成長分野】
 ・エネルギー関連
 ・ヘルスケア関連
 ・次世代自動車分野
 ・次世代住宅分野
 ・環境分野
 ・農業分野
 ・シニア
 ・地方創生
 ・観光

4.成長分野、見えていますか?
 ・2015年は大切な1年、なぜなら…
 ・2020年を見据えて見ておくべき分野
 ・2025年を見据えて見ておくべき分野
 ・日本企業の多くが参入したい分野は分散傾向
 ・国の政策、自治体の政策
 ・見逃されている最近のビジネスシーンにおける「ある傾向」

5.グローバル情報・新興国情報の集め方
 ・欧米企業が注目している新興国とは
 ・日本に居ながらにして得られる有益な海外情報とは
 ・海外調査会社の調査レポート
 ・新興国市場をウオッチするための手法
 ・日本企業が注目しておきたい国とその理由

6.「勝ち組」が見ている情報とは
 ・新事業・新サービス開発において成功している企業が見ている情報とは
 ・V字回復を遂げた企業がしていること
 ・伸びるビジネスをチェックするシンプルな手法
 ・ある企業が20年以上も続けている新たなビジネスのネタ探し
 ・なぜ20●●年?見据えている先の長さの違い
 ・成功確率を高めるためにしておきたいこと
 ・成功企業に共通する企画書内容のセオリー
 ・社内に散在する情報をこうしてまとめてみる
 ・資料作成本が多く刊行される理由

7.IoT急拡大期における新規事業探索に役立つ必須情報源のご紹介
 ・ICT関連はこの情報源を押さえておく
 ・日本企業が苦手な●●と●●
 ・新規事業担当者が大切にしている情報誌
 ・若き起業家が教えてくれること
 ・市販されていない調査文献は宝の山
 ・注目すべき金融機関、シンクタンクレポートとは
 ・厳選!!本セミナー参加者によんでいただきたい必読のビジネス書
 ・Webサイトは良いものを知っている人勝ち
 ・商用データベース
 ・ニュースアプリ
 ・グローバル情報の有力情報源
講師プロフィール
菊池 健司(きくち けんじ)氏
1990年日本能率協会総合研究所(社団法人日本能率協会のグループ法人)入社、マーケティング・データ・バンク(MDB)配属。MDBは、2015年2月現在、約2,000社の会員企業を有する日本最大のビジネス情報提供機関。民間企業、官公庁、独立行政法人、大学、自治体等からの要請に応じ、公開情報を中心とした情報提供に携わっている(年間調査依頼件数:約12万件)。現在は、情報サービス部長としてマネジメント全般に携わるとともに、個別顧客の調査案件にも対応している。情報収集手法に関する個別企業・団体へのアドバイスや各地でのセミナー講師業務も多数行っている。新事業や新サービス、ビジネスプラン策定に関する民間企業からの相談に対し、個別にアドバイス等を行うケースが近年急増している。
主な講師歴は、【MDB会員向けセミナー】「新規事業・新商品開発における情報収集手法」「用途探索における情報収集手法」「成長産業をたぐり寄せる情報収集手法」「利益を生む出すための情報収集手法」「技術ロードマップ策定のための情報収集手法」他
【業界団体】機能性フィルム研究会、日本製薬情報協議会、九州経済調査協会、日本私立大学連盟、ビジネス支援図書館協議会、専門図書館協議会、情報科学技術協会、日本能率協会他
【その他】個別企業・官公庁・地方自治体・図書館向け研修・セミナー、日経BP社セミナー、日本経済新聞社主催セミナー、東洋経済新報社セミナー、同志社大学「検索の匠」セミナー、山形大学「知的財産活用セミナー」、鳥取県「ビジネスデータの活用」「成長戦略実現のための情報収集手法」、愛媛県「ビジネスデータ使いこなし術」、徳島県「LED技術交流セミナー」「ブランド産地づくり人材育成研修会」、高知県「ビジネス情報収集手法」、静岡市産学交流センター他
主な著書・論文に、「なるほど!マーケティングデータブックOL編」(スタープレス)、「ニュービジネスで勝つ」「商工ジャーナル」(日本商工経済研究所)、「情報の科学と技術」(INFOSTA)、「情報管理」(科学技術振興機構)、「人材教育」(日本能率協会マネジメントセンター)※「書籍に学ぶビジネストレンド」連載中、他多数寄稿