新社会システム総合研究所 セミナー情報

No.C15037 シルバー&ヘルスケアビジネス戦略特別セミナー
病床の稼働率アップのための『ベッドコントロール術』
 

要項
収録日 2015年2月14日(土)
代金 19,440円(税・送料込)
ページ数  
備考:
 

商品に不具合があった場合を除き、返品はお受け致しかねますのでご了承ください。
収録内容
【内容】
収録時間 約3時間8分
テキストデータ(PDF形式)のCD-ROMつき
【動作環境】
DVD‐VIDEOは、映像と音声を高密度に記録したメディアです。DVD‐VIDEO対応プレーヤーで再生してください。パソコン等に搭載のDVD-ROMプレーヤーでの動作は保証しておりません。このDVD‐VIDEOを権利者に無断で、複製・放送・有線放送・上映・レンタル(有償・無償問わず)することは法律で一切禁止されていますのでご注意下さい。
重点講義内容
<1>PFM導入による入退院支援・調整強化と効果的ベッドコントロール
JAかみつが厚生連 上都賀総合病院 副院長・看護部長
齋藤 由利子 (さいとう ゆりこ)氏
平成26年度診療報酬改定において7対1入院基本料の削減のため、施設基準が厳格化されました。在院日数の短縮、在宅復帰率、重症度・医療看護必要度等、すべての病床にマネジメントが必須となりました。そこで、当院のPFM業務とベッドコントロールの実際を述べ、みなさんにもできる病院改革実事例についてもご紹介します。

1.PFM導入の経緯と業務内容
2.病棟再編と地域包括ケア病棟の効果的活用
3.退院支援・調整の強化と充実
4.効果的ベッドコントロールと当院の課題
5.組織を動かした病院改革の実例
<2>急性期病院における断らない救急を機能させるために、必要不可欠な病床管理
−看護部が主導で動く病床管理の実際
社会医療法人財団石心会 川崎幸病院 看護部長
佐藤 久美子 (さとう くみこ)氏
病床機能分化が進み、地域における病床機能報告制度も稼働し始めました。病院経営にとっても病床稼働率の確保は重要課題です。当院では看護部にベッドコントロールの主導権が与えられ、いかにスムーズに入退院を行うかを進めてきました。うまくいくベッドコントロールとは?当院での課題も含めてお話したいと思います。

1.看護部病床管理体制
2.断らない救急
3.各職種の役割分担
4.意識改革
5.今後の課題
<3>病床利用率100%を目指した中小病院におけるベッドコントロール
社会医療法人美杉会 佐藤病院 理事・看護部長
須 久美子 (たかす くみこ)氏
「病床利用率100%」を維持していくことは、病棟管理者の努力だけでなく、病院全体の協力が必要です。「経営的な視点」等を盛り込んだ師長・主任教育、「救急患者を断らない」体制作りなど全職員が職域を超えて協働し「中小病院だからこそできるベッドコントロール術」の取り組みと工夫についてお話しします。

1.現状のベッドコントロールに至った経緯
2.ベッドコントロールの実際
3.患者の協力も重要なポイント
4.管理者の教育と稼働率の変化
5.病院が一体となった協力体制
講師プロフィール
齋藤 由利子(さいとう ゆりこ)氏
1978年 自治医科大学付属看護学校 卒業、同年 上都賀総合病院入職
2009年 看護部長、2014年 副院長に就任 現在に至る
【免許及び資格】
認定看護管理者/医療BSC学会認定指導者/NPO法人日本交渉協会認定交渉アナリスト1級 等
【書籍】
「ALSマニュアル決定版!」「これならできるBSC」「交渉力アップで看護部を変える病院を変える」「師長が知っておくべき交渉力向上のための基本」上都賀総合病院におけるPFM導入等多数。
【その他】
栃木感染制御の会(TRICK) 世話人/栃木インフェクションコントロール会(明治製菓) 世話人/栃木県看護協会 理事/医療バランスト・スコアカード学会認定指導者運営委員等幅広く活動。
ファーストレベル・セカンドレベル・サードレベル講師、その他講演、海外学会発表等多数。
佐藤 久美子(さとう くみこ)氏
東京医科歯科大学医学部附属看護専門学校卒。同大学病院脳神経外科病棟勤務。
1994年 川崎幸病院就職。ICU・脳神経外科病棟にて、主任・看護科長を経て、2007年より現職
2005年 認定看護管理者取得/2007年 日本脳神経看護研究学会評議員/2012年 日本看護協会教育委員会/2013年 川崎市看護協会理事
【著書】
ナース発 東日本大震災レポート:日本看護協会出版会/看護手技 あんしんこれだけポケットブック:メディカ出版/脳神経疾患病棟の看護技術ブック:メディカ出版
【研究(共同研究)】
入院患者への摂食・嚥下障害看護の質評価に関する研究/急性期病院における看護実践能力尺度の開発 など
須 久美子(たかす くみこ)氏
1987年 大阪府医師会看護専門学校卒 警察病院を経て、1990年 佐藤病院/1995年 訪問看護ステーション管理者/1998年 老健老人保健施設美杉 副施設長/2002年 佐藤医院 副院長/2007年 看護部長 (法人内の統括看護部長)/2009年 医療法人美杉会 理事/2014年4月1日 社会医療法人美杉会 理事 看護部長 現在に至る。
日本看護協会 看護管理認定看護師。大阪府看護協会理事。
【著書】
見逃さない!新卒看護職員の「離職のサイン」と効果的なメンタルサポート〜みんなで新人を育成 看護主任業務:日総研2013/組織を強くするワークライフバランス!師長主任業務実践:産労総合研究所/もう辞めさせない中途採用者の活用サポート術!新人・中途・中堅看護師育成 職場を活性化!離職を防ぐ実践的アプローチ27:日総研グループ2014/今の立場で何をすべきかポジティブに考えて機転を活用した経験 看護マネジメント「判断力」養成塾:メディカ出版2014 他執筆多数。