新社会システム総合研究所 セミナー情報

No.C14330 シルバー&ヘルスケアビジネス戦略特別セミナー
地域包括ケア転換への収益シミュレーション
−病棟転換事例とこれから始まる病床機能報告制度への備え−

要項
収録日 2014年8月30日(土)
代金 21,600円(税・送料込)
ページ数  
備考:
 

商品に不具合があった場合を除き、返品はお受け致しかねますのでご了承ください。
収録内容
【内容】
収録時間 約2時間7分
テキストデータ(PDF形式)のCD-ROMつき
【動作環境】
DVD‐VIDEOは、映像と音声を高密度に記録したメディアです。DVD‐VIDEO対応プレーヤーで再生してください。パソコン等に搭載のDVD-ROMプレーヤーでの動作は保証しておりません。このDVD‐VIDEOを権利者に無断で、複製・放送・有線放送・上映・レンタル(有償・無償問わず)することは法律で一切禁止されていますのでご注意下さい。
重点講義内容
高崎健康福祉大学 健康福祉学部 医療情報学科 准教授
木村 憲洋 (きむら のりひろ)氏
2014年の診療報酬改定や、これから始まる病床機能報告制度において病院機能の選択に迫られています。
近年、病院の機能分化が重要とされ、各病院は、地域における機能分担をはっきりさせてきているが、2014年の診療報酬改定では、よりはっきりとした病院の方向性が求められています。
これから自院の方向性を考えるためには、方向性を早く決め、院内の調整を行わなければならない。そのためには、正確な分析を行う必要がある。
そこで、本セミナーでは、地域包括ケア病棟入院料を算定したときの収益シミュレーションを自院のレセプトを用いて行います。

1.病床機能報告制度
2.2014年診療報酬改定と病棟再編
3.病棟と入院基本料、特定入院料
4.病棟の転換事例
5.病棟転換に付随する機能
6.地域包括ケア転換への収益シミュレーション
7.自院のレセプトから収益シミュレーションを行ってみる
講師プロフィール
木村 憲洋(きむら のりひろ)氏
武蔵工業大学工学部機械工学科卒業、国立医療・病院管理研究所専攻科・研究科修了
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科博士課程満期退学(医療経済)
神尾記念病院、今井病院を経て高崎健康福祉大学(現職)
【著書】
病院のしくみ(日本実業出版社)、病院の仕事としくみ(ナツメ社)、
病院経営のしくみ(日本医療企画)、師長の病棟経営数字(日総研出版)、
師長の役割・責任・目標・行動(日総研出版) など
ITヘルスケア学会理事、診療情報管理士会評議員 など