新社会システム総合研究所 セミナー情報

No.C14242 マネジメント&マーケティング戦略特別セミナー
【新卒から管理職まで押さえておきたい実践的仕組みと思考法】
個人と組織の成長が加速する「トヨタのPDCA」
〜どんな組織においても評価される、仕事を円滑に回していく方法〜

要項
収録日 2014年8月29日(金)
代金 32,400円(税・送料込)
ページ数  
備考:
 

商品に不具合があった場合を除き、返品はお受け致しかねますのでご了承ください。
収録内容
【内容】
収録時間 約1時間13分
テキストデータ(PDF形式)のCD-ROMつき
【動作環境】
DVD‐VIDEOは、映像と音声を高密度に記録したメディアです。DVD‐VIDEO対応プレーヤーで再生してください。パソコン等に搭載のDVD-ROMプレーヤーでの動作は保証しておりません。このDVD‐VIDEOを権利者に無断で、複製・放送・有線放送・上映・レンタル(有償・無償問わず)することは法律で一切禁止されていますのでご注意下さい。
重点講義内容
[講演の目的]
 誰しも「PDCA」と言う言葉を耳にしたことがあるはずですが、自信を持って「PDCA」が回せているという人はどれだけいるでしょうか?
 営業利益が2兆円を超え今なお成長を続けるトヨタ自動車では、日々「PDCA」が回され、日々「カイゼン」が行われ、現場はもちろん間接部門の社員に至るまで進化を遂げています。その現場で「カイゼン」や「PDCA」を叩き込まれた私が、エッセンスを凝縮した「トヨタのPDCA」という著書をもとにお伝えさせていただきます。
 ビジネススキルの話というのは小難しい論理的なものになりがちなのですが、事例も交えながら分かりやすく講演し、最後はワークで実践(教育)まで落とし込めるよう努めますので、この機会にぜひ「トヨタのPDCA」を理解し、実践して頂ければと思います。

[講演要旨]
◆なぜ御社のPDCAサイクルは回らないのか?
 100社以上のPDCAサイクルに携わった体験談を交えながらお伝えします。
◆発売1ヶ月で5刷となった「トヨタのPDCA」は、なぜ企業の研修で使われているのか?
 今の20代に伝えるべき「仕事に向き合う姿勢」をお伝えします。
◆トヨタではどのようにPDCAを回しているのか?
 仕組みや思考など事例をもとに解説します。
 
原 マサヒコ (はら まさひこ)氏
1.PDCAサイクルが回らない6つの理由
2.トヨタが苦労なくPDCAを回している「仕組み」とは?
3.「トヨタのPDCA」解説
  〜トヨタのPDCAに対する考え方を、事例から読み解く
4.PDCAサイクルを回している、あの成長企業の事例
  〜成長する企業が現場で回しているPDCA事例
5.PDCAサイクルを回している、あの人の事例
6.ワーク:PDCAを設計してみよう
講師プロフィール
原 マサヒコ(はら まさひこ)氏
トヨタ出身のWEBマーケター。プラスドライブ代表。1996年 神奈川トヨタ自動車にメカニックとして入社。5000台もの自動車修理に携わりながら、トヨタ独自のPDCAを叩き込まれる。技術力を競う「技能オリンピック」では最年少優勝に輝き、カイゼンのアイデアを競う「アイデアツールコンテスト」でも2年連続全国大会出場を果たす。IT業界に転身後は、PCサポートを担当したデルコンピュータで「5年連続顧客満足度No,1」に貢献。現在はフリーのWEBマーケターとして、クライアント先のWEBサイト改善やマーケティング施策の推進業務を担当。ここでもPDCAを回しながら結果を出し続けている。著書に『人生で大切なことはすべてプラスドライバーが教えてくれた』(経済界)等があり、「日本の論点2011」(文藝春秋)の論者として名を連ねる。
また、第19代総理大臣「原敬」の子孫でもある。