新社会システム総合研究所 セミナー情報

No.C13258 シルバー&ヘルスケアビジネス戦略特別セミナー
クラウド時代の医療ICTの最先端
クラウド時代に汎用システムをどう活かすか?

要項
収録日 2013年9月3日(火)
代金 10,800円(税・送料込)
ページ数  
備考:
 

商品に不具合があった場合を除き、返品はお受け致しかねますのでご了承ください。
収録内容
【内容】
収録時間 約1時間45分
テキストデータ(PDF形式)のCD-ROMつき
【動作環境】
DVD‐VIDEOは、映像と音声を高密度に記録したメディアです。DVD‐VIDEO対応プレーヤーで再生してください。パソコン等に搭載のDVD-ROMプレーヤーでの動作は保証しておりません。このDVD‐VIDEOを権利者に無断で、複製・放送・有線放送・上映・レンタル(有償・無償問わず)することは法律で一切禁止されていますのでご注意下さい。
重点講義内容
独立行政法人国立成育医療研究センター 情報管理部 医療解析室長
山野辺 裕二 (やまのべ ゆうじ)氏
最近IT業界では、「クラウド・ファースト」という言葉が良く聞かれます。業務にコンピューターを導入する際「まずはクラウドを検討する」という意味です。CRM、グループウェア、SNSなどの実用システムや、仮想ハードウェアなどが自在な規模ですぐに使えます。今後これらを医療機関で活かしていくため、知っておいた方が良い基本的知識について解説致します。

1.クラウドの基本原則5つを理解する
2.クラウド対応で医療機関インフラも変わる
3.医療機関で持ち込み端末(BYOD)は実現できるのか
4.なんでもas a Service、なんでもBring Your Ownの考え方
5.医療情報も施設囲い込みからパーソナル、ソーシャルへ
6.マイナンバー以外の医療向け共通IDの展望
講師プロフィール
山野辺 裕二(やまのべ ゆうじ)氏
1986年 長崎大学医学部卒業。「日本の形成外科の父」と呼ばれる難波雄哉教授に師事し、頭蓋・顎顔面外科や先天異常の治療と研究に従事する。長崎、愛媛、佐賀で形成外科医として勤務した後、1999年 長崎大学病院 政府調達担当教官 医療情報室副室長。用度係長から国の調達や入札事務・仕様書の書き方等について初歩から叩き込まれる。
2003年 米国マウントサイナイメディカルセンター医療情報学客員研究員。組織合併に伴う職員IDの統合マネジメントを研究テーマに留学。病院のIT組織運営について学ぶ。
2005年 国立成育医療センター病院 医療情報室長。同年診療情報管理士の資格取得。
2011年より現職。
【役職】
日本医療情報学会 評議員/日本インターネット医療協議会 理事 他
【近著】
新IT時代への提言2011 ソーシャル社会が日本を変える(井上雅博、村井純、夏野剛、堀江貴文ほか54名)/医学図形データ1000+PowerPointによる学会発表パーフェクトマニュアル(水島 洋、山野辺裕二)