新社会システム総合研究所 セミナー情報

No.C13264 シルバー&ヘルスケアビジネス戦略特別セミナー
今、何を準備しておくべきか、やらなければならないこと
2014年改定の方向性と病床機能情報の報告のあり方について
 

要項
収録日 2013年9月27日(金)
代金 32,400円(税・送料込)
ページ数  
備考:
 

商品に不具合があった場合を除き、返品はお受け致しかねますのでご了承ください。
収録内容
【内容】
収録時間 約2時間45分
テキストデータ(PDF形式)のCD-ROMつき
【動作環境】
DVD‐VIDEOは、映像と音声を高密度に記録したメディアです。DVD‐VIDEO対応プレーヤーで再生してください。パソコン等に搭載のDVD-ROMプレーヤーでの動作は保証しておりません。このDVD‐VIDEOを権利者に無断で、複製・放送・有線放送・上映・レンタル(有償・無償問わず)することは法律で一切禁止されていますのでご注意下さい。
重点講義内容
株式会社ASK梓診療報酬研究所 代表取締役
中林 梓 (なかばやし あづさ)氏
次回診療報酬改定は、2025年の医療提供体制構築のために策定された医療と介護のロードマップ上の第2回目の位置づけとなる改定と言えます。
また、併せて消費税の引き上げが予定され、消費税引き上げに対応した改定年であるとも言えます。ただし、いずれにしても財源の問題が大きな障害となっており、前回同様のプラス改定となるかどうかは、依然不明の状況です。
前回の改定では2つの大きな課題がありました。そのひとつは、急性期医療を再構築する為の勤務医の負担軽減策や難易度の高い手術料の引き上げです。2つ目は、高齢化社会での医療と介護の供給体制の構築を想定した、医療と介護の地域での連携やがんや認知症など様々な疾患毎の連携に対する評価です。2014年度の改定も、この方向性で更に進むものと思われますが、入院医療の機能再編や在宅医療、チーム医療、歯科との連携、などは、より重点項目として掲げられるものと思われます。自院が今やらなければならないこと、地域のなかの役割、なにを病院のスタッフに伝えなければならないのか、さらにどう経営戦略を構築していくべきかを検討してみましょう。

1.2014年改定の方向性と病床機能情報の報告のあり方について
 (1)病床機能の役割をどのように考えるか
 (2)中医協など改定の審議状況
 (3)病床機能情報報告制度のあり方

2.入院医療・外来医療・在宅医療 各々の課題と改定ポイント
 (1)急性期・亜急性期回復期・慢性期入院医療のあり方
 (2)地域包括ケアと在宅医療のあり方
 (3)医療での連携、医療と介護との連携の方向性

3.改定への準備と増収・増患対策
講師プロフィール
中林 梓(なかばやし あづさ)氏
病院・診療所対象のコンピュータ・インストラクターを経て、医事運用、経営コンサルティングに従事。1997年 ASK梓診療報酬研究所を設立。請求もれ、経営改善、在宅医療等をテーマに、分析・セミナー講演・執筆活動を行なう。
現在、診療報酬に関する各種研究、医業収入診断、経営改善指導、医事運用コンサルティング、在宅医療運営指導、レセプト精度診断、診療報酬請求に関する医師・看護師向けの各種教育研修・セミナーに携わる。医業経営コンサルタント。
【研修講師実績】
全国公私病院連盟・厚生年金事業振興団・静岡県病院協会・広島県病院協会・新潟県病院協会・北海道病院協会・日本病院会・各厚生連・神奈川県看護協会・静岡県看護協会・メディカル・マネジメント・プランニング・グループ(MMPG)・日本医業経営コンサルタント協会 他
【執筆活動】
「日経ヘルスケア」/「医事業務事情」 その他
【著書】
「医業・介護事業経営はこう変わる」TKC出版/「病医院の経営・会計・税務」(共著)TKC出版/「診療所開業マニュアル」(共著)日経BP社/「2010診療報酬改定 病医院への影響と診療科別・機能別シミュレーション」TKC出版