新社会システム総合研究所 セミナー情報

No.C13290 デジタル&ブロードキャスティング戦略特別セミナー
〜見えてきた次世代の放送関連サービス〜
欧州家電ショーIFA2013と欧州放送機器展IBC2013からみる
いま、放送業界が取組むべきポイント
 

要項
収録日 2013年9月20日(金)
代金 32,400円(税・送料込)
ページ数  
備考:
 

商品に不具合があった場合を除き、返品はお受け致しかねますのでご了承ください。
収録内容
【内容】
収録時間 約2時間40分
テキストデータ(PDF形式)のCD-ROMつき
【動作環境】
DVD‐VIDEOは、映像と音声を高密度に記録したメディアです。DVD‐VIDEO対応プレーヤーで再生してください。パソコン等に搭載のDVD-ROMプレーヤーでの動作は保証しておりません。このDVD‐VIDEOを権利者に無断で、複製・放送・有線放送・上映・レンタル(有償・無償問わず)することは法律で一切禁止されていますのでご注意下さい。
重点講義内容
合同会社江口靖二事務所 代表
デジタルメディアコンサルタント
デジタルサイネージコンソーシアム 常務理事
江口 靖二 (えぐち やすじ)氏
 9月5日から開催されるIFA2013と12日から開催されるIBC2013をベースにして、IFAではこれから登場するテレビやスマートフォンなどの機器の状況を知り、それを受けて放送業界はどういったシステムやソリューションを構築していくべきなのかをIBC2013で確認をしてきます。2つの展示会に3年連続で参加し、CES、NABなども踏まえた全体のトレンドを紹介します。その上で、日本のHybridcastやマル研の動向を比較検討して、日本ではどういうことが現実解なのかを考えます。特に、もう間近に迫りつつ有るテレビ局のマスター更新などにおいて、必要不可欠な要件などを指摘したいと思います。

※9月12日追記
IFA2013の現場からです。キーワードはやはり4Kとスマートテレビではあるのですが、これまでとは少しばかり事情が変化しているように思えます。それは4Kはもはや当たり前であり、それを使って何をするかというスマートテレビは、スマートテレビというモノや機能やサービスがあるのではなく、4Kテレビとクラウドとの橋渡し役の意味になり、その役目はスマートフォンが果たすのだろうということです。13日からのIBCに関しても同様に速報します。

※なお講義項目はIFA2013とIBC2013の状況によって最新のものに変更することが
  あります。

<1>IFA2013レポート
 4Kテレビ、スマートテレビ、マルチスクリーン、IPTVなどにポイントを絞って、最新の展示内容をレポートします。1月に開催されたCESからのトレンドなども分析します。

1.4Kテレビ
  画質の向上と価格の低下。超解像の画質など、普及フェーズに入り始める
  4Kテレビについて各社の状況を報告します。

2.スマートテレビ
  GoogleがChromecastを発表しました。IFAでGoogleの出展はありませんが
  テレビ内蔵型、STB型、スティック型などの方向性を可能性を中心に
  お話します。  

3.マルチスクリーン
  欧州はマルチスクリーン先進国です。テレビ、パソコン、スマートフォン、
  タブレット、カーナビなどがどのように連携していくのかをレポートします。

4.スマートフォン
  スマートフォン=スマートテレビといったトレンドもあります。
  Miracastの状況や、「アプリ」がテレビにどのように関わってくるのかを
  考えます。

5.その他
  クラウドDVRを発表する企業は出るのか?

<2>IBC2013レポート
 ここ数年の傾向として、NABよりもIBCの方が先進的な展示が目立ちます。これは欧州ではマルチスクリーンによる視聴スタイルが、アメリカよりも普及が早いことによるのだと思います。

1.4Kテレビ
  さらに手軽になるであろう4Kカメラをレポートします。

2.4Kモニター
  業務用やマスターモニターの4K対応状況などをレポートします。

3.4Kエンコーダー、伝送システム
  特にH.265 HEVCリアルタイムエンコーダーの最新状況をレポートします。

4.マルチスクリーン対応のCMSや営放システム
  この辺りが最も欧州が進んでいる領域です。日本との事情の違いを
  踏まえながら、最新のソリューションをじっくりと考察したいと思います。

5.8K SHV
  NHKがスーパーハイビジョンの展示を行います。どちらかと言うと人々の
  反応をレポートしたいと思います。

<3>日本でやるべきこと、できること
 上記の欧州でのトレンドを踏まえた上で、日本ではどうするべきか、放送業界側の思惑と、視聴者側の視聴スタイルの変化という両面から考察します。

1.グローバルで見るとHybridcastはどういうポジショニングになるのか

2.日本型のセカンドスクリーン、マルチスクリーンとはどういうものが望ましいか

3.タイムシフト視聴ニーズはどれくらいあって、それをどう考えるのか

4.プレイスシフト視聴のニーズはどれくらいあって、それをどう考えるのか

5.全録機がダメな理由とクラウドDVRに関する考察
講師プロフィール
江口 靖二(えぐち やすじ)氏
1986年 慶應義塾大学商学部卒、慶應義塾大学新聞研究所修了、日本ケーブルテレビジョン(JCTV)入社。技術局、制作局、マルチメディア室、経営企画室を経て開発営業部長。CS、BS、地上波の番組制作、運用を経験。2000年 AOLジャパン入社、コンテンツ部プログラミングマネジャー。2002年 放送業界専門コンサルティング会社であるプラットイーズ設立に参画し放送通信領域のコンサルティングに従事。2008年 個人でデジタルメディアコンサルタントとして独立。2013年 合同会社江口靖二事務所設立。現在、デジタルサイネージコンソーシアム常務理事。2005年より2010年まで日経NET IT PLUSに「テレビの未来」においてデジタルメディア全般に関するコラムを連載。