新社会システム総合研究所 セミナー情報

No.C11471 シルバー&ヘルスケアビジネス戦略特別セミナー
−病院・医院顧問弁護士のノウハウと実践−
医療機関の労務リスク対策
 

要項
収録日 2011年11月18日(金)
代金 32,400円(税・送料込)
ページ数  
備考:
 

商品に不具合があった場合を除き、返品はお受け致しかねますのでご了承ください。
収録内容
【内容】
収録時間 約2時間45分
テキストデータ(PDF形式)のCD-ROMつき
【動作環境】
DVD‐VIDEOは、映像と音声を高密度に記録したメディアです。DVD‐VIDEO対応プレーヤーで再生してください。パソコン等に搭載のDVD-ROMプレーヤーでの動作は保証しておりません。このDVD‐VIDEOを権利者に無断で、複製・放送・有線放送・上映・レンタル(有償・無償問わず)することは法律で一切禁止されていますのでご注意下さい。
重点講義内容
棚瀬法律事務所 代表・弁護士
棚瀬 慎治 (たなせ しんじ)氏
○医療機関では、他の組織にはみられない特有の労務リスクがあります。宿日直に対する時間外・休日労働手当の問題などがその典型例といえますが、その他にも医師・看護師等専門職に対する懲戒・配置転換制限など、様々なリスクが潜んでいます。
○これまでにも医療機関を対象として、社会保険労務士などにより一般的な労務管理の解説がなされてきましたが、必ずしも医療現場の実態に即したものばかりではありませんでした。今回は医療機関に関する法務を広く取り扱う弁護士の立場から、医療機関で実際に労務トラブルになるケースに焦点を当てて、労務リスクへ未然に対処する術をお伝えします。
○セクハラ・パワハラや不当解雇、患者個人情報漏洩などによる責任までカバーされる賠償責任保険の紹介など、医療機関の労務リスク管理に必要な最新の情報を交えた必見の講座です。

1.はじめに

2.採用時のリスク
 (1)医師紹介業者とのトラブル事例
 (2)問題職員の採用によるトラブルと対策
 (3)奨学金を受給した看護師の就業拒否等

3.賃金と労働時間のトラブル
 (1)宿日直と「名ばかり管理職」問題
 (2)医療機関に対する未払残業代請求の増加
  (弁護士が広告で勤務医を誘因)

4.職員の不法行為によるリスク
 (1)職員のセクハラ・パワハラと医療機関の責任
 (2)職員の私的トラブルと医療機関の責任

5.労災と安全配慮義務
 (1)医師・研修医の過重労働によるリスク
 (2)職員のメンタルヘルスと医療機関の安全配慮義務

6.懲戒・解雇
 (1)問題職員への対処法
 (2)適法に解雇するための準備

7.退職時のトラブル事例と対策
 (1)雇い止めの際のトラブル
 (2)競業避止義務違反のトラブル
 (3)退職者による患者情報漏洩

8.医療機関の労務リスク・ヘッジ
 (1)セクハラ・不当解雇・個人情報漏洩までカバーする賠償責任保険
 (2)弁護士・社労士との提携

9.今後の展望と対策 

10.質疑応答・名刺交換
講師プロフィール
棚瀬 慎治(たなせ しんじ)氏
1998年 司法試験合格 
1999年4月 司法研修所入所
2000年10月 司法研修所卒業、都内法律事務所勤務
2005年4月 棚瀬法律事務所設立。現在に至る。
【弁護活動】
^緡纏件・患者クレーム処理(訴訟・患者交渉・ADR等)
医療機関の法律問題全般(労務管理・未収金対策・経営・税務等)
4覿繁〔魁雰戚鹽)
ぐ緡典ヾ悄Υ覿反Πの個別相談(親族・相続問題等)
グ緡天沙事件、行政指導・行政処分対策等
【役職】
‥豕三弁護士会医療ADR仲裁人候補者
東海大学法科大学院非常勤教員(医事法)